「レビュー講座を終えて」

 

                         

レビュー講座2017(12月3日終了)
 
 
レビュー講座を終えて     3期生  松岡千恵子  山口県
  
卒業してあっという間に数年経ちました。私は以前訪問看護で、ドレナージや皮膚トラブルへの支援を行っていましたが、バンデージは終末期の患者さんに包帯で簡単な巻き上げをする程度でした。症例数は少なく、協会主催の研修やフォローアップで手技を忘れないように心がけていました。
 
現在は、1年半以上前に足腰の痛みやしびれのため、仕事を辞めて自宅療養しています。正座はまだできませんが、少しずつストレッチやウォーキングなどのリハビリをして過ごしています。痛みは減りましたが、床からの立ち上がりは膝の可動域制限のため、時間がかかります。何もしていない自分に焦り、何ができ、何をしたいのか、どんな仕事に就けるのかを模索していました。
 
今回の講座は、高西先生が症例に対してのアプローチの仕方や、バンデージの注意点を指導してくださいました。膝の屈曲ができず手技が行えるか不安でしたが、思っていたよりは苦痛なく巻くことができました。また、症例を検討していく中で、参加した方々の真摯にcareに向き合っている姿は心に響きました。今回のレビューでセラピストの方々と共に学ぶことができ、私も困っている人への支援ができるようになりたいと強く感じました。
 
 
 
レビュー講座を終えて      3期生    園田真紀  福岡県
  
日本リンパドレナージスト協会で、リンパ浮腫セラピスト養成講座を受けてから4年が経とうとしています。第3期生として学ばせて頂いてから、あっという間に時間が過ぎています。クリニックで、学んだ事を活かしながらリンパドレナージに携わっておりますが、どうしたら良いか?どんなアプローチが良いのか?と悩む事も、多々出てきます。
そんな時に、協会の開催してくださるブラッシュアップ講座やレビュー講座を受ける機会を頂く事で、日々の悩みを相談できる場所ができ、また他の皆さんの経験のお話を聞くことで、新たな発見があったりしています。
また、日常で行う治療も同じものが多く、習ったけれどなかなか使えていない手技などもあり、細かい所など忘れがちになります。
そんな時に、基本に戻ってやって頂くレビュー講座でまた改めて学び直し、次の実践の準備になっていると思います。
卒業したら終了、ではなくその後をフォローして頂く事で知識が新しくなり、技術も再確認ができとても感謝しています。

 

 
 


リンパ浮腫用弾性着衣・スリーブ・ストッキング
医療従事者向け